ファッション通り1丁目

心にもファッションを!アパレル関連の情報や、ライフハック、経験談、WordPress奮闘記も。

*

 

iPhone SEはすごい!機種変更からの感想でわかりやすく紹介

iphone-seに機種変更

機種変更で最新機種のiPhone SEを使うことになりました。
発売されて間もないためか、小難しい紹介はありますが、わかりやすいレビューや感想をあまり見かけません。そこで僕がiPhone SEに機種変更する経緯やその後の使ってみて感じたことを紹介しようと思います。iPhone SEに機種変更をしようか悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

iPhone SEに機種変更するまで

僕はsoftbankのiPhone5を本体一括で購入して使っていました。使い始めてから2年契約の更新月をまたいでしまって、月月割が適用されなくなったので、そのぶん毎月の支払いが2000円くらい高くなっていました。本来の料金に戻ったわけです。
僕のように本体一括で購入して2年後に支払いが高くなったと錯覚を起こす人はかなりいると思います。

こうなると料金プランやオプション、Apple careなどの見直しという手もあるのですが、2年以上にもなると最新機種にも興味が湧いてきます。でも機種変更するにも違約金やら事務手数料やらよけいな料金が別途に取られるんだろうと思うと、なかなか踏ん切りがつかないというのもあります。もちろん2年以上使っていると愛着も湧いてきますしね。

そんな中つい先日のこと、外出先での待ち合わせで時間が余ってしまったので、近くにあった携帯ショップに立ち寄りました。

店内を見渡すと陳列されたスマホに並んでiPhone6sが「一括0円」とあります。
気になったのでショップの店員さんにこの一括0円機種のことをきいてみました。

僕「一括0円って本体代が0円ってことですか?」
店員「はい、そのとおりです。本体代はタダです。」

でもよくよく話しを伺うと「auにMNPの場合」ということでした。
※MNPとは、携帯電話番号を変えることなく、番号そのままで他社の携帯会社に乗り換えることです。

MNPの場合だと、現在のsoftbankの契約解除料金(9500円)と事務手数料(3000円)がボコッと請求されます。さらにauの契約事務手数料3000円が掛かるので、MNPで移動するだけでも合計15,500円の支払いが掛かってしまいます。
いくら本体代は0円でも、15,500円を払ってまで乗り換えるのはあまり得策だとは思えません。やはりこのまま現状維持で料金プランの見直しをするほうが得策だなと思いました。

適当に店員さんの言葉を聞き流していると、もう1人の店員さんが声を掛けてきました。

店員「iPhone SEはいかがですか?softbankの最新機種です!」
僕「はい?」

僕自身、iPhone6sは知っていましたが、iPhone SEのことはほとんど知りませんでした。

店員「予約してくれたお客様のキャンセル品なので、直ぐにお渡しできます!」
僕「ほー、見せて。」

店員「機種変更の扱いになるので事務手数料も掛かりません。※1」

そこで店員さんからiPhone SEの機能や特徴を教えてもらうにつれて、だんだんと機種変更の意欲が湧き上がってきました。どうしよう。。。

そこで店員さんが、「softbankでそのまま機種変更して本体代を分割払いで組んだ場合」と、「MNPでauに移った場合」との毎月の支払い料金を比較してくれました。

softbankでの現在の料金プランを見直せば、softbankもauも毎月の支払額がほとんどあまり変わらないのがわかりました。それがわかると気持ちはもう機種変更に向いています。
その場で悩んだ末、最新機種であること、解除料金が掛からないこと、事務手数料も掛からないことが後押しして、iPhone SEに機種変更をすることになりました。

iPhone SEを使って感じたこと

僕は今までiPhone5(16GB:ブラック)を使っていました。綺麗な画面から操作する豊富な機能に、スリムでポケットにすっぽりと入るコンパクトさは当時手に取った僕にとっては魅力的なものでした。
でも16GBのiPhoneユーザーならわかると思うのですけど、16GBじゃ容量が足りなくなるんですよね。お気に入りのミュージックや、アプリ、また写真も保存するにはだんだんと厳しくなってきます。でもまた不思議なもので、16GBに慣れてくると、それなりの使い方になってきますけどね。

iPhone SEの容量は2タイプ

iPhone SEは、16GB/64GB2つのタイプがありますが、
今回はiPhone5(16GB:ブラック)から、機種変更のタイミングに合わせて容量をアップしてiPhone SE(64GB:ローズゴールド)にしました。16GBから64GBなのでざっと4倍の容量になります。これで実質4倍のデータを保存できるようになるのです!

iPhone SEの形状

このiPhone SEに機種変更して先ず最初に思ったことがあります。iPhone SEはiPhone5と大きさがまったく同じなのです。なのでわざわざスマホケースを買い換える必要が無いのです。店頭で本体を渡してもらった時に、iPhone5で使っていたケースがそのまま使えました。

iPhone SEの機能

スローモーション
前から気になっていた「スローモーション」のビデオカメラ機能。
iPhone5sからのビデオカメラ機能で、iPhone6シリーズにも付属していますが、
iPhone SEにもこの「スローモーション」のビデオカメラ機能は付いています。僕はこの機能に非常に興味を持っていたので、購入初日に走ってる車で試し撮りしましたよ。

ライブフォト
カメラ機能でもう一つユニークなのは、「ライブフォト」です。写真を撮影する時の前後が、動画で保存されるんです。「ライブフォト」で撮った写真をタッチすると、写真で撮った画像が動くんです。ちょっと面白かったです。
最初、iPhone SEで写真を撮る時になぜかシャッターの切れるタイミングが遅いなーと思ってたんですけど、調べたら「ライブフォトモード」になっていたんですよね。なので、もちろん従来どおり、写真は普通に撮影することができますよ。

4Kビデオ
さらにシャープで繊細でより美しい映像の4KビデオがiPhone SEで手軽に撮れます。
フルハイビジョンの4倍の画素数を誇る未来的な高精細動画です。と専門用語で説明するのは簡単ですけどね。どれくらい凄いかを例えるとすると、部屋の中に舞っているホコリがくっきり映る(大げさかな)くらいの画像が撮れます。ちなみにiPhone SEで編集もできますよ。

画面の再現力
あとiPhone SEは画像もさらに鮮やかになって、きめが細かく、動きが滑らかになったと思います。僕の場合はいつものゲームをやってて違いがわかりましたね。前回のiPhone5には無い再現力です。

A9チップの凄さ
iPhone SEには「A9チップ」というものが搭載されています。
とにかく処理速度がめっちゃ早いです。ダウンロード動画を観たり、ゲームをプレイする時のカクカクするようなことがほとんどありません。アプリがさくさく快適に動作します。操作していて反応やスピードの違いがよくわかりました。

通信速度
それにiPhone SEは通信速度の性能も格段に上がっています。インターネットでのページ読み込みが早いですし、配信動画もさくさく観れます。なのでデータのやり取りがとてもスムーズになったと思います。

Touch ID(指紋認証)
あとiPhone5には無かった指紋認証センサーがiPhone SEには付いています。指紋をあらかじめ登録しておけば、ロック画面から指先の照合一つでロックを解除できます。僕もこれを使っていて、いちいちパスワードを打ち込まなくても直ぐにアクセスできるのは便利です。

iPhone SEを使った感想

個人的な感想としては、iPhone SEは想像以上にハイスペックで用途の広い端末になったと思います。
iPhone SEのA9プロセッサで処理速度が格段に速く、スピード、反応の良さ、そして特にコンパクトボディーなので操作性は抜群です。
APPLEの公式サイトで言っているとおり、iPhone SEは最もパワフルな4インチだと思います。
僕は個人的にはコンパクトが好きなので、iPhone SEにして良かったと思っています。
たしかに、機種変更するときに一括0円のiPhone6sにしようかと心が揺れた部分もありますが、
もしiPhone6sに機種変更をしていたとしたら、今ごろはiPhone SEが気になって仕方ないと思います。
またiPhone6sを手にしてしまったら、iPhone SEに機種変更するにはまた機種変更のタイミングを見つけなければなりません。
ここで最新機種であるiPhone SEにしておけば、iPhone6sとはほぼ同等の機能なので、後悔することはありません。
いずれにしても、iPhone SEを使った感想としては、結果として良かったと思っています。

おわりに

iPhone SEはiPhone5と形が同じですが、中身はとてつもなく高性能になっています。実際の違いは使ってみるとわかります。
もし気になるようであれば、ショップに行ってその目で体感してみてください。
きっとコンパクトな中身に感動を覚えると思います。

 - iPhone