ファッション通り1丁目

心にもファッションを!アパレル関連の情報や、ライフハック、経験談、WordPress奮闘記も。

*

 

セレクトショップ|撮影代行でモデルを使うには

撮影代行のモデル

撮影代行でモデルを使った商品の撮影が小規模のセレクトショップでも手軽に始められるようになりました。今では多くのアパレル系の撮影代行がありますが、初めてのかたにもわかりやすくモデルの選び方や依頼のし方をご説明します。

スポンサーリンク

撮影代行とは

撮影代行は主にネットショップ向けの商品を代行して写真撮影してくれます。
撮影代行の多くは、商品を1カットから希望に合わせて依頼することができます。
アパレル系での撮影代行の場合は、主に「衣類」「アクセサリー」などを、
物撮り、トルソー、モデルなどで希望に沿った商品撮影をしてくれます。
個人で撮影する時間が無い人や、撮影に自身が無い人、またモデルを使った商品撮影を希望する人には、特に重宝するのが撮影代行でもあります。
また最近では写真撮影だけではなく、動画撮影に対応した撮影代行も増えています。

撮影代行のモデル

撮影代行には専属のモデルがいます。
規模の大きい撮影代行になると、専属モデルのバリエーションも豊富で、
赤ちゃんからお年寄りまで幅広いモデルを揃えている撮影代行もあります。
撮影代行は少人数のモデルで運営しているところが多く、入れ替わりもよくあります。年齢層は比較的20代を中心にした女性モデルが多いです。外国人のモデルも揃えている撮影代行もあります。

モデルのバリエーション

撮影代行会社と契約している専属モデルの中から、
希望に沿ったモデルを選ぶことができます。
背の低いモデル、背の高いモデル、SSサイズのモデルやLサイズのモデルなどさまざまです。また身長やサイズだけでなく、モデルによって雰囲気も異なります。
全体的にセクシーさが強調される人もいれば、全体的に可愛らしさが際立つ人もいます。雰囲気が清楚なモデルもいれば、ギャルっぽいワイルドなモデルもいます。
このようにモデルのバリエーションはじつにさまざまです。

モデルを選ぶ

モデルを使った商品撮影を撮影代行に依頼する場合は、
撮影代行のほうで契約しているモデルの一覧の中から選ぶことから始まります。
アパレル系の撮影代行会社の多くは、事前にモデルの写真を紹介してくれます。
各モデルの数枚の顔入り全体写真に身長、体重、バスト、ウエスト、ヒップなどの明記があります。
中にはモデル本人のサイズ表記を曖昧にした撮影代行もあるので、
もしお気に入りのモデルで不明な点がある場合は、撮影代行に問い合わせをしましょう。

モデルで商品撮影を依頼する

服やアクセサリーをモデルを使って依頼する場合は、
どんな商品写真を望んでいるのかを具体的に伝えておきましょう
撮影代行のカメラマンもモデルは撮り慣れているとはいえ、商品自体は企業やメーカーによってまったく異なります。どれだけ有能なカメラマンでもその商品の魅力を短時間のうちに確実に理解することは困難です。ましてやその商品のどこが売りなのかを知りません。なので商品撮影を依頼する場合は、服やアクセサリーをどういうイメージで撮影してほしいのかを具体的に伝える必要があります。またモデルの都合上、撮り直しすることも難しいので、後のトラブルを未然に防ぐためにもコミュニケーションはしっかりと取りましょう。イメージを口頭で上手く伝わればいいですが、口頭では難しい場合もあります。イメージを伝える一番良い方法として「イラスト(手書き)で伝える」ことが分かりやすい手段となります。
モデルで撮影する場合は、ある程度連続した写真を撮影します。
モデルの場合は動きがあるので、必然と連続した写真を撮影することになるのです。その当日撮影された複数枚の写真から、商品写真がどれが良いかを選ぶかたちになります。撮影代行によっては、撮影した枚数すべてを送付してくれる場合や、撮影した枚数の中から選ぶようにする撮影代行もあります。

下着や水着をモデルで依頼する場合

撮影代行によっては、下着や水着など、肌の露出度の高い撮影は行なっていない場合もあります。また、下着や水着などは問題の無い撮影代行であっても、モデルが嫌がる場合もあるので、事前に撮影が可能か聞いてみることをおすすめします。

モデルで依頼する際のコツ

商品写真をモデルを使うことで動きのある商品写真に変わります。
しかしモデルの人たちも人間なので、ポージングにパターン化が現れます。無意識にやってしまう習慣的なポージングです。そこでモデルを依頼する際は、前もってポージングの指示を伝えることがコツです。また顔の向きや表情もイメージがあるならば伝えておくほうがベストです。そして背景色も変えられるか聞いてきましょう。背景色が変わるだけでもけっこう印象が変わります。さらに意外な事かもしれませんが、モデルの人に良かったと褒めましょう。モデルを褒めるというのはけっこう重要で、やる気が上がるのと同時にそのモデルの自信にも繋がります。またこちら側の商品のイメージに近づいてくれるので、次からの依頼が比較的スムーズに行えるのです。
こうしてフィーリングの合うモデルと出会えると、効率よく作業が行なえるのです。

1、イメージしているポージングを伝える
2、商品に合わせた顔の向きや表情を伝える
3、背景色(スクリーン)を変えられるか聞いてみる
4、モチベーションを上げるため、モデルを褒める

おすすめの撮影代行

専属モデルが多い撮影代行をはじめ、少数精鋭ながらも小回りの効くフォローがしっかりしている撮影代行といろいろあります。

【GMOメイクショップ株式会社】

GMOは1カットあたりの金額も安くて、知名度からも安心して利用することができます。
料金は2,000円(税抜)~となっているので、撮影代行に初めて依頼する方にはおすすめです。

ほとんどの撮影代行は事前に問い合わせることができるので、先ずは見積もりを出してもらうことから始めましょう。

おわりに

撮影代行でモデルを使う場合は、全て丸投げするのではなく、どんな雰囲気の写真が欲しいかを撮影代行に前もって具体的に伝えるようにしましょう。そのほうが進捗の流れもスムーズで効率的になりますし、イメージに近い写真が出来上がります。
撮影代行が初めての人や、モデルを使った商品撮影がしたい人のお役に立てれば幸いです。

 - ネット通販の販売ノウハウ