ファッション通り1丁目

心にもファッションを!アパレル関連の情報や、ライフハック、経験談、WordPress奮闘記も。

*

 

WordPress記事を上位表示するためのSEO対策

SEO対策

WordPressを使ってブログを始めたものの、書いた記事が検索結果でなかなか上位に表示されない。検索エンジンに強いはずなのにどうして?SEO対策はしっかりしているはずなのに。

こうして書いている僕も最初は超初心者でした。トップブロガーも超初心者からスタートしています。なので読んでいるあなたも戸惑うことは無いんです。

ここではどうしたら検索結果に上位表示させることができるかを、超わかりやすく、そして方法を順を追って説明します。

スポンサーリンク

記事が上位表示される理由

まずは「Google検索」を基本に説明していきます。これは一読だけでもしておいてください。

たまにネットサーフィンをしていると「パンダアップデートが!」とか「ペンギンアップデートが!」とか目にしたことがあると思います。それらは検索の質を上げるために「検索アルゴリズムに大幅な変更」がかかったという意味です。たまに検索1位2位辺りで表示されていたページが突如いなくなるのは、Googleが求めている(求められる)きちんとしたサイトではないと判断されてしまった結果です。

検索アルゴリズム(計算方法)は常にユーザーの期待に応えるために改良が施されているのです。

検索アルゴリズムの理解

検索アルゴリズム(検索の精度を上げるためのプログラム)は日々変動しています。それはエンドユーザーが検索した時に求められた情報を的確に表示するためです。

例えばパソコンでもスマートフォンからでも良いですが、「目」と検索したとします。検索結果には目の関連したサイトがずらりと並ぶはずです。次に「口」ではどうでしょう?口に関連したサイトが表示されるはずですが、、、下の方には口とは関係ないサイトも表示されてしまってますね。

このように検索アルゴリズムは本来の検索とは無関係のものを除外し、検索するユーザーにとって望まれる情報を上位に表示されるように日々改良が行われています。

一昔前は被リンクを増やせば良いとか、分散アクセス数をただ増やせば良いとか言われていましたが、アルゴリズムの精度が上がり、小手先の手段は通用しなくなってきています。

最低限のSEO対策

上位表示にはSEO対策することが当たり前になっています。SEOに強いとされるWordPressを使って記事を書いたとしても、ネット上にはいろんな情報が載っていて、何を自分のブログの中に取り入れていいのか迷いますよね。こうしたらこうなった、ああしたらああなった、でも最低限必要なポイントさえ押さえておけば上位表示される可能性を大幅に改善できます。

ここでは記事を書くうえで必要最低限のことを順を追って書いていきます。

  1. 充実したコンテンツ(記事)を書く
  2. キーワードはタイトルの先頭に入れる
  3. 転用やコピーをしない
  4. カスタマイズは後でいい
  5. 一発よりもロングテール 

充実したコンテンツ(記事)を書く

Googleでは「質のいいブログが求められている」と言わています。この質のいいブログとは簡潔に言うと「タイトルに副った充実したコンテンツ(記事)」になります。

※コンテンツとは(情報の内容や中身)を意味しますが、ここでは(記事)として表現しています。

ここで二つの例を挙げてみます。

【1】、タイトル:林檎の魅力。記事の内容:林檎(リンゴ)はバラ目バラ科リンゴ属の果実で、実は甘酸っぱくシャキシャキした食感が特徴。そのまま食べれるのはもちろんのこと、切り身をケーキの材料にしたり、また林檎から抽出した林檎酢などもあり、いろいろな用途で親しまれています。栄養も豊富で疲労回復や整腸作用、がん予防などに良いとされています。そして林檎は老化を防ぐ抗酸化物質のペクチンとポリフェノールを多く含むため美容にも効果があると言われています。1日1個で医者要らずということわざがあるほど万能な果物です。

【2】、タイトル:林檎の魅力。記事の内容:美味い。甘酸っぱい。シャキッとした歯ごたえ。体にも好いとされている万能な果物。

二つの記事を比較すると、「タイトルに副った充実したコンテンツ」は【1】になります。【1】は林檎の魅力について充実したコンテンツ(記事)を書いています。【2】は記事が簡素で充実したコンテンツとは言えませんね。でも人によってはこれだけでもじゅうぶんに魅力が伝わっていると感じるかも知れません。しかし高度な検索アルゴリズムに対しては、本文に含まれるキーワード割合や文字数などあらゆる要素が加味されるので、コンテンツ(記事)は「書けるだけ書く」スタイルを念頭に「充実した記事」を書いていきましょう。

キーワードはタイトルの先頭に入れる

キーワード(手がかりになる単語)は、「タイトルの先頭に入れる」こと。そしてキーワードに順番を付けること。

タイトルの文言1番目にメインキーワード、2番目のキーワード、3番目のキーワードなど。

例えば「手作りチョコ」というキーワードの場合だとしたら、「手作りチョコで思い出すバレンタインデー」みたいに。「懐かしい!手作りチョコで思い出すあの頃のバレンタインデー」なのもOKです。

しかしこれを「バレンタインデーで思い出す手作りチョコ」としてしまうと「バレンタインデー」が優先キーワードになってしまいます。検索ユーザーにアプローチする「メインキーワード」は出来るだけタイトルの先頭に入れるようにしましょう。

そして重要なのが「キーワードに副ったコンテンツ」にすること。

とても間違えやすいパターンは、「手作りチョコ」についてのコンテンツ(記事)のはずが、書き上げていくうちに「バレンタインデー」が中心のコンテンツ(記事)になってしまった場合。これだとメインのキーワード「手作りチョコ」はメインキーワードでは無くなってしまいます。なので「キーワードに対して記事内容がしっかり合っている」ことも重要になってきます。

そしてネット上では、記事中のキーワード出現率は4%程度にすることでSEO対策になるという噂はありますが、キーワード出現率はあまり意識しないでいいと思います。そもそもキーワードに副った充実したコンテンツを書いていくとキーワードの出現率も上がることになるのです。そこから意図的にキーワード比率を圧縮して結果分かりづらいコンテンツにするよりも、ありのままを書き上げた充実したコンテンツの方が読みやすく検索エンジンからも好まれます。

転用やコピーをしない

記事を書く上で参考になるものはネット上で探すことと思います。参考になる文言は変更せずにそのまま使いたいところなのですが、転用やコピーは著作権上の問題だけでなく、検索エンジンからの評価が下がり、上位表示にも影響してくるので注意しましょう。もし仮に上位表示されたとしてもそれは一時的なもので、他のサイトからの同文・同内容の解析は遅かれ早かれやってきて、いずれは検索圏外に飛ばされる事もありえます。参考文言をどうしても使いたい場合は自分流に書き直すことをおすすめします。

カスタマイズは後でいい

SEO対策にこだわってカスタマイズするよりも、まずはコンテンツ(記事)を充実させましょう。1サイトに1記事で後はカスタマイズに時間を取るのではなく、記事をとにかく書き上げることを優先させましょう。検索エンジンのクローラー(どんなサイトか訪問しに来るプログラム)が廻ってきたときに情報量の少ないサイトだと検索エンジンにも、そして読み手にも良い印象は与えません。書ける時は書く

一発記事よりもロングテール

トレンドネタ(芸能人やスクープなど)ブログをよく見かけますよね。一時は特定のキーワードで上位に表示されますが、検索数が少なくなると並行して上位表示されにくく不安定になってきます。そこでどうしたら継続して上位表示されるかというと、コンテンツ(記事)がしっかりと書かれているか否かの問題になってきます。これはトレンドネタだけに限らず、いろんな記事にも言えることなので理解しておきましょう。

一発の記事(一発ネタ)でも「しっかりとした質の良い記事」を書き込むことによって、ロングテール(長く求められる)の記事になっていきます。

WordPressの役割と効果

初心者の方はWordPressは最初は扱いづらいと思います。でも使い込んでいくうちに段々と慣れてくるものです。

そしてWordPressを使い始める方の多くは「SEOに強いから」と言う理由ではないでしょうか。たしかにSEOには柔軟に対応できる素晴らしいブログソフトです。いろんなプラグインを実装すれば、自分好みのカスタマイズでオリジナリティー溢れるブログサイトを構築できます。

ただここでも重要なことは「充実したコンテンツ(記事)」がしっかりと存在しなければ上位表示は難しいでしょう。

WordPressの役割はブログの外見や機能です。WordPressをインストールしたからといって、そのまま上位表示されるわけではありません。肝心の記事を書くことによってその効果を体感できるのです。その肝心な記事とは「充実したコンテンツ(記事)」のことです。

ここまでのおさらい

  1. 検索アルゴリズム(検索の精度を上げるプログラム)が日々改良されている。
  2. 充実したコンテンツ(記事)を書く。
  3. キーワードはタイトルの先頭に入れる。
  4. カスタマイズは後でいい。
  5. 一発よりもロングテール。
  6. WordPressの役割はブログの外見や機能。効果は記事を書くことで体感できる。

おわりに

兎にも角にも肝心なことは「充実したコンテンツ(記事)」を書くこと。検索ユーザーにとって有益であること。カスタマイズや被リンクよりも大切で重要なことです。

小手先のテクニックで一喜一憂してるブロガーも見かけますが、ある日突然に検索の圏外になることだって多々あります。もし唯一のテクニックがあるとしたら、何度も説明しているとおり「充実したコンテンツ(記事)」を書くことが唯一のテクニックだと言えます。

そして世相や時期、トレンドなど求められるキーワードは無限大に存在します。長く検索される定番キーワードから熱くて冷めやすい一期間のキーワード。これらキーワードを狙って記事を書くのもいいですし、記事を書いてからキーワードを調整するのもいいと思います。

僕は記事を書き上げるまで、長いときで5日なんてざらにあります。文章構成はどうだろうか、記事内容はタイトルと合っているだろうか、誤字脱字は無いだろうか、読み応えはあるだろうか。。。せっかく書き上げる記事を薄利にしたくはないですし、せっかく書き上げたのだから多くの人に読んで欲しいですよね!

初心者でこれから執筆に取り組む方、執筆中の方も共に頑張りましょうね。この記事が少しでも励みになれば幸いです。

 - WordPress記事